犬を殺処分から守る寄付

犬・猫の殺処分をなくそうと取り組んでいる団体は多くありますが、その中のパイオニア的な存在といえるピースワンコ・ジャパンは、広島県を拠点に全国で取り組みを広げています。

ピースワンコ・ジャパンでは、2016年に広島県内で殺処分対象とされた犬の全頭引き取りを開始し、それ以降広島県内の犬殺処分数ゼロの継続を実現。広島での成功モデルを引っ提げて、全国へ活動を展開し2020年までに日本全国の犬・猫の殺処分ゼロを目指しているのだそうです。

ピースワンコ・ジャパンの主な活動は殺処分対象となった犬を引き取り、広島県神石高原にあるシェルターで保護。健康面のケアと人に慣れるためのトレーニングを行った後に、同シェルターや各地の譲渡センターなどで里親希望者との引き渡しを行っています。また、譲渡会などのイベントも積極的に開催し、より広い間口で里親希望者を募ると同時に、家庭環境や経済状況などから審査することで引き渡し後に捨てられてしまったり、不当な扱いを受けたりすることがないようにしているのだそうです。

ピースワンコ・ジャパンを支援するページはこちら

そんなピースワンコ・ジャパンでは、月々1000円からピースワンコ・ジャパンの活動を支える「ワンだふるサポーター」と、老犬や病気を患っている犬など、引き取り手が見つかりにくい犬を遠方から支える「ワンだふるファミリー」という寄付制度があります。
「ワンだふるサポーター」で寄付したお金はピースワンコ・ジャパンが保護した犬の食事代や医療費をはじめとする飼育費、災害救助犬やセラピー犬の育成費などとして使用されるそうです。サポーターになると、年3回のニュースレターが届き、ピースワンコ・ジャパンの活動や保護犬の様子、寄付がどう使われたかなどが報告されるようです。目安としては3,000円の寄付で保護犬の体調管理に欠かせない血液検査2頭分、10,000円で保護犬1頭の1年分のフィラリア、ノミダニ駆虫薬、15,000円で中型犬6頭のドックフード約1か月分が購入できるのだそうです。

「ワンだふるファミリー」は、高齢や病気などの理由で引き取り手が見つからない犬を支援する寄付制度です。それぞれの犬につき月々3,000円を1パウとして、合計10パウが必要となるそうです。家族になりたい犬を選び支援することができ、ワンだふるファミリーになると支援した犬のおやつやおもちゃとして使用され、ファミリー証明書や手紙、ブログにより日常を知ることができるといった特典もあるそうです。